十八楼物語
日付から空室を検索

万延元年創業 十八楼物語

松尾芭蕉と美濃


松尾芭蕉は、『笈の小文』(俳諧紀行・芭蕉著)の中で、旅の喜びを「只一日の願ひ二つのみ。こよひよき宿からん。‥‥もし、わづかに風雅の人に出会あひたる、よろこびかぎりなし」と述べている。

芭蕉は、このような旅の喜びを求めて、貞享元年(一六六四)から元禄七年(一六九四)に没するまでの期間、旅の日々を重ねている。

美濃の地へは四回来遊している。 そのはじめは、貞享元年の「甲子吟行」の旅の途次、大垣船町の船問屋・谷木因(芭蕉の旧友・北村季吟同門)を訪ねたとき。 第二回は貞享五年(一六八八)の岐阜滞在。 第三回は元禄二年(一六八九)、「奥の細道」の結びの地としての大垣滞在。 最後の来遊は、元禄四年(一六九一)冬、京都より近江・美濃を通って江戸へ帰る途中で、垂井・大垣に立ち寄っている。

 

「松尾芭蕉書状」(大垣藩士・浅井差柳宛)
「松尾芭蕉書状」(大垣藩士・浅井差柳宛)

  十八楼物語トップページへ 次へ

十八楼物語

  • 新着情報
  • 川原町散策
  • 川原町ミニツアー
  • 観光・アクティビティー
  • 十八楼の過ごし方
  • エステ
  • 十八楼の歴史
  • 十八楼物語
  • 十八楼俳句選
  • メディア情報
  • 予約特典
  • 団体様ご宿泊プラン
  • よくあるご質問