十八楼物語 - 十八楼の創業 -

十八楼物語 - 十八楼の創業 -

十八楼物語

万延元年創業 十八楼物語

十八楼の創業

中河原の賑わい

 江戸時代、長良川の舟運は非常に盛んであった。
 川湊も上流から上有知湊(美濃市)・小瀬湊(関市)などがあり、美濃の持産物である材木・美濃紙・茶・関の刃物類が運ばれ、中河原湊(岐阜市湊町)を経由して、四方へ販売された。
 また、下流の桑名湊からは、伊勢湾の海産物である塩・魚介類・昆布などが中河原湊へ着荷し、ここから、各方面へ移送されていった。
 これらの物資(積荷)には通行税が課せられ、それを徴収する長良川役所が、尾張藩によって中河原に設置された。その役所記録によると、享保八~十年(一七二三~二五)の三ヶ年の、一平均、中河原湊から下った舟数は一千七百艘と記録されている。


現在の川原町風景(十八楼周辺)

 

十八楼の前身・山本屋

 当時の中河原湊は、これら舟運に従事する船頭や、多くの物資を売買する商人たちで賑わい、長良川畔には商家・船宿などが軒を連ねていた。
 これらの舟宿の一つが、現十八楼の前身・山本屋と考えられ、その創業の歴史は古く、江戸時代の天保期(一八三〇~四四)に遡る。
 しかし、史料に見られる創業年代は、江戸末期の万延元年(一八六〇)である。

 

十八楼遺跡の再興

 その史料(「三十四楼記」)によると、中河原湊に当時、「山本屋」という水楼(旅館)があった。この旅館の主人は、かつて俳聖・松尾芭蕉が岐阜を訪れた時、長良川畔にあった賀嶋歩の水楼で鵜飼観覧をした後、歩の需によって、水楼名をつけた「十八楼」の遺跡が、一七〇年余の星霜を経て廃絶したのを再興しようと一念発起した。(屋号も十八楼と改称する)
当時、このあたりの風景は、貞享五年(一六八八)の夏に、芭蕉が記した「十八楼の記」の中で詠んだ「このあたりめにみゆるものは皆涼し」の風情とほとんど変っていなかった。


十八楼初代山本屋
火災のため、一部破損

 

三十四の美景・三十四楼

 天保十四年(一八四三)九月、尾張藩主徳川斎荘の来岐のとき、「黄池なにがし」(長良の豪商・酒造業を営む)で、鵜飼上覧の栄誉があり、藩主から庭の見事さを称えられて、大きな石燈籠を下賜された。このことは、黄池一家のみならず、この地域全体の誇りでもある。
 とくに、夏の夜の鵜飼情景は、きわめて勝れており、山本屋の水楼から眺める風情は、瀟湘・西湖の十八景以上で、南都八景と近江八景をも合わせた三十四の美景といえる。
 それ故に、この水楼は、十八楼ではなく、「三十四楼」と言うべきである。そして最後に結びとして、「涼かぜのなくてもありぬこのあたり」と詠んでいる。
 この文は、山本屋(十八楼)の主人に乞われて、万延元年(一八六〇)の夏に書かれたものであるが、残念ながら作者は不明である。しかし、この見事な文体や、芭蕉の故事に詳しいことから、可成りの文人と考えられる。

 
尾張藩主鵜飼上覧の場所(黄色は鵜匠の家)
[岐阜市史史料編近世一長良家並絵図 大野茂氏所蔵]

   

南都八景

(奈良八景とも言う)


東大寺の鐘、春日野の鹿、南円堂の藤、猿沢池の月、佐保川の蛍、雲井坂の雨、轟橋の旅人、三笠山の雪

近江八景


瀬田の夕照、石山の秋月、粟津の晴嵐、三井の晩鐘、唐崎の夜雨、比良の暮雪、堅田の落雁、矢橋の帰帆などの琵琶湖の景勝地



三十四楼記(万延元年・1860)

三十四楼記(読解)

爰に山本屋といふ水楼有。此家のあるじ、

かの祖翁の
このあたりめにみゆるものは皆涼し

其十八楼のすたれたるをひろひ、絶たるを

つがむとのこころざし浅からず。もとよりこの辺りの風景は瀟湘西湖の一味をこめたること、貞享五仲の夏の記に失せたるものなく、

豈また勝れたるは、いなばの峯の盛の頃は

花のしら雲にまどひ、たなかの寺、きしにそふ
民村は、杉のみどり、竹のかこみも猶深めり。
さらし布所々にあとたれて、いよ増れり。
わたし舟うかぶ里人の往かひ、いにしへに倍せり。

漁村軒をならべしも、今なほことなり、
黄池なにがしのかたには、鵜飼
上覧のうてなをたて、その庭の面を花の園とか
美称をいただき、高く大なる石燈籠は又
めぐみなるとかや。これ黄池一家のほまれならず、
一郡の光輝なるべし。
夏のよなよなをはじめ、鵜舟のかがり火遠くより

近くなり、めざましき風情、此の高欄にとどめて

瀟湘西湖はさらなり、南都の八つのながめ、近江の
佳景をもこめて、三十四楼ともいはまほしや。
涼かぜのなくてもありぬこのあたり

(一八六〇)
万延紀元の首夏、需によつて

(この項は、岐阜市歴史博物館 筧学芸員のご教示による)


鵜飼総がらみ(大正時代)

 

前へ 十八楼物語トップページへ 次へ

十八楼物語

W受賞

十八楼がメディアで紹介されました

十八楼 創業150周年事業についてのご紹介

- 岐阜県の老舗旅館なら長良川温泉と長良川の鵜飼が満喫できる旅館の十八楼へ -

十八楼 〒500-8009 岐阜市湊町 10 番地 TEL 058-265-1551 FAX 058-263-7518 Email: info@18rou.com